〜 社会をつくる学びを提案する 生涯学習社会の学術総合情報誌 〜

885号(2020年4月号)

社会をつくる学びを提案する
「社会教育」


◆「社会教育」4月号(普通号)の特集: 2020年度以降の社会教育施策を考える

『社会教育』編集長の近藤真司です。
4月号は「2020年度」のスタートにあたり、社会教育の重要ポイントについて再確認していきます。今回の特集は、新任社会教育行政職員のみなさまへの応援メッセージを送ります。
まず、社会教育行政の注目すべき動きを、文部科学省総合教育政策局地域学習推進課が「社会教育を基盤とした『人づくり・つながりづくり・地域づくり』の現状―社会教育振興答申(平成30年12月)のその後、優良公民館事例を中心に―」をテーマに解説します。
 続いて4月からの「社会教育士」のスタートにあたり、清國祐二さん(前香川大学教授)が、その制度設計の重点ポイントについて、新たに設けられた「社会教育経営論」と「生涯学習支援論」を活かす視点から論じます。
 さらに井上昌幸さん(国立教育政策研究所フェロー)が、新任社会教育行政職員に向けて、社会教育の業務への不安払拭のため「チェックリスト」により、基本的な必要知識の確認をしながら、具体的にアドバイスします。
 今月の読みどころは、特別企画の「SDGsの視点から」の関連記事です。「行政計画・生涯学習推進計画との関連」(今西幸蔵さん執筆)、ソーシャル・ビジネスの事例紹介により、SDGsの視点を活かした社会教育活動を考えていきます。
詳しくは本誌をご覧ください。新年度、社会教育を元気にしていきましょう。

○"得る"Cafe ホームページ http://social-edus.net/



最新号案内

2020年4月号(885号)
本体750円
今月号表紙

特集

2020年度以降の社会教育施策を考える


(先月号)
先月号表紙




社会的セーフティネットの構築
Books
社会的セーフティネットの構築
(2019年2月21日 発行)

編/岩崎久美子 定価:1,500円+税


著/朱膳寺宏一 定価:1,000円+税
学びのクリエーターになる! 著/「学びのクリエーターになる!」実行委員会
  定価:1,000円+税
・・・> 他を見る

line
 ■ HOME
line
  調査・研究事業
line
  出版書籍案内
line
  購入・購読案内
line
  リンク

line
  お問い合わせ
line
  サイトマップ
line
「事務所移転のお知らせ」
 財団法人全日本社会教育連合会は財団法人日本青年館と2012年10月18日に合併し、
2012年11月号より月刊誌「社会教育」は、財団法人日本青年館が発行することになりました。
 また、財団法人日本青年館は、2014年4月1日より一般財団法人日本青年館となりました。
 詳しくはこちらをご覧ください。
 
日本青年館 公益事業部 「社会教育」編集部
〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-1 日本青年館5階 TEL 03-6452-9021 FAX 03-6452-9026
(C) 2012〜 Nippon-Seinenkan. All rights Reserved.